*All archives* |  *Admin*

<<01  2008/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビストロ・ノーブル@大磯
お誕生日なので・・・・って、いつまでやってんだよ!もう10日もたってるし!っていうツッコミが入るかと思いますが、「2月中は誕生日」ってことで。
2月に入ったら誕生日にかこつけてモノを買ったり、誕生日にかこつけて食べに出かけたり、そんなことをしています。まだあと5日はイケル。

誕生日はやっぱしノーブルだよねーってことで、ノーブルに予約を入れて、行ってみました。
最近ランチをやっていないノーブル、夜はやはり飲まずにはすまないメニューなので、車で出かける距離感ではなかなか行きにくい・・・ランチ復活は4月中旬目標だそうですが、心からお待ちしております・・・


最初に出てきたのは、切子の器に入った、えーと・・・
えびのすり身とブロッコリーのババロア、だったかな?


上の茶色いのはコンソメのジュレでしたっけ?
すみません、テンション上がってメモとかとってくるの忘れて。
濃厚でしっかりしてて、なくなるのがおしいなぁと思いながら食べていました。

次はノーブル定番を盛り合わせにしていただきました。
手前から、豚のテリーヌ、わかさぎのフリッター、レバーペースト。


今回出たパンが香ばしくて美味しくて、レバーペースト食べたさについおかわりを繰り返してしまいました。
あと、グラスで注文した「自然派ワイン」がまたイイ!この3品あったら、ワインがどのくらい飲めるだろうって感じです。

・・・しかし、この夜は飲んでいいのは私だけ。運転手は君だ、車掌はボクだ。
そうすると飲むたびじとーんとした視線がテーブルの向こうから飛んでくるので、しぶしぶグラス2杯くらいでセーブ。つまんないっす。

ここで、おまかせからちょっとはずれて別オーダーで・・・
どうしても食べたかったムール貝を。
これはムール貝とセロリを蒸し煮にしたのかな?

ムール貝がとろっとやわらかくて~。
そして、ムール貝のスープと香りがしっかりしみこんだセロリがむちゃうま~~~~!

メインはやはり「岸さんの豚」のローストですね。


出てきたとたんに「え、これ、一人に一皿ずつ?」とうめいてしまったボリューム。完全にムール貝追加が誤算。
写真ではちょこっとしか映っていませんが、サラダ部分が結構てんこ盛り(これがうまいの)
でも食べる!
骨付き肉は何か野性にかえりますね。パリパリでジューシーでたまんないっす。

たまには違うデザートにしようか?と思いつつも、やはり・・・
ここのクレームブリュレははずせない・・・


ああ~堪能しました。
こういう誕生日なら何度やってもいいっすね。
年はとりたくないけど。

美味しいものを美味しい~って食べられる健康をいつまでも・・・

ル・ビストロノーブル
ホームページ
〒255-0002 神奈川県中郡大磯町東町2-8-15
tel/fax 0463-61-0557
営業時間 17:30-22:00(L.O)
定休 火曜日



にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ
スポンサーサイト
里のうどん@藤沢
仕事の帰りにここの前を通るのですが、前にあったお店「マンマ屋」は結構好きでした。

「あー、マンマ屋さんつぶれちゃったのかー。」「あ、何か造ってる。何ができるんだろう。」と、ずっと見守って楽しみにしていたところ、「里のうどん」と看板がかかったので、
オープンを楽しみにしていました。

てっきり全国チェーン店かと思っていたら、藤沢近辺ローカルなんですね。知らなかった。

で、やっとオープンして行ってきたのですが・・・
下調べって大事ですね。

うどんはまぁうどんだ、と。人気のあるうどん屋ならうどんは間違いなく美味しいだろう、他のものを食べて美味しかったら間違いないとか、そんな風に思ってしまったのです。
それでメニューを見たら「バラ丼」とあって・・・

多分、これはオリジナル看板メニューに違いないと。
「じゃ、バラ丼」とオーダー。

↓これがバラ丼です。


ボリュームすごいっす。
どんぶりの向こう側にある、大サイズのマヨネーズで、大きさを察してください。


3分間くらい、キャベツの森を延々歩き続けるワタシ、まだご飯村は見えてこない・・・
キャベツ、キャベツ、キャベツ、キャベツ・・・あぁ、もうご飯はいいかも(ギブ)。

おいしい、おいしいのですが・・・
今日の私は胃弱だったのに、何でこれを選んじゃったかなぁ・・・
うどんにしておけばよかったのに。

結局、勇気ある撤退を選びました(涙)
キャベツと上の肉しか食べられなかったですよ。
でも、おいしかった。おいしいはおいしいです。リベンジのために体力づくりをはじめようかな(なんでや)。


里のうどん
〒251-0055
神奈川県藤沢市南藤沢8-1-105
(旧マンマ屋の住所がこれなので、多分正しいです)

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ
旬菜食健 ひな野@伊勢原
いつもとはちょっと毛色が違うというか、前からちょっと目をつけてたバイキング形式のファミレスチェーンにお出かけしてみました。
  旬菜食健 ひな野ホームページ

ファミレスチェーン店といっても、ここは、自然食・無添加にこだわったお店だというので、前から気になってたんですよね。



和食系統だというので、義両親を連れて4人で・・・ランチバイキングだと、一人1575円というリーズナブルさ。(ディナータイムは2100円)
しかもバイキングなのに、「時間無制限」なんですよ~。





「混んでる」「予約必須」と聞いていたので、とりあえず連休だしねーと思って予約を入れたところ、「お時間には遅れずにお越しください」という念押し。遅れないけど、なんのこっちゃ?と思いつつ、結構早めに現地到着。

そしたら・・・ げげげ、あふれかえっておりますよ!!

結構広い駐車場が、あっという間に埋まっていくし、開店前から入り口に山ほどの人。
これは確かに要予約です。







・・・できる限り写真用にきれいに盛ろうという努力はしたのですが・・・

とにかく・・・品数も豊富だし、普通のバイキングに比べて野菜多い!ヘルシー!
食べ放題といってもこれは罪悪感がかなり低くなりますね。
ドリンクバーには健康茶が選べるようになってるし。これはいいっすねぇ。

しかし、普段でさえペース配分を完全に読み違えてしまう我々、せっかくの「時間無制限」だというのに、あっという間におなかいっぱいになって、1時間ほどでギブ・・・あああ、もったいない。
ここは、おしゃべり大好きな同士で何時間もネバってみたいお店だったりしますね。うむ。

★ 旬菜食健 ひな野 (伊勢原店)
 神奈川県伊勢原市岡崎6988-1
  0463-92-6111
 営業時間 <年中無休>
  11:30 ~ 16:00
  17:30 ~ 22:30




帰りに、この間紹介したブノワトンに寄りました。ここからだと車で5分くらいの近くなので。





箱根湯本の和風パンのお店は4日にオープンしたらしいです。

 ★足柄麦神「麦師」
    足柄下郡箱根箱根町湯本71-5
      0460-83-9600
      営業時間 9:00~17:00

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ
モッフルを焼いてみた
誕生日のお祝いに、ワッフルメーカーを買ってもらったのです。
ワッフルが焼きたかったわけではなく、むしろ・・・

モッフルが焼きたかったんだよぉ。

今話題のモッフル・・・それは、お餅で作ったワッフル。
最近はモッフル専用メーカーも売り出されています。


でも、他のものも焼けた方がいいじゃない?という相方のクレームにより、ワッフルメーカーを兼用させてみることにしました。
買ったのはビタントニオ社のワッフルメーカーです。



大丈夫かな?という不安を払拭するために、とりあえず焼いてみることに。

【モッフルの焼き方】

まずは切り餅を使うタイプから。

(1) 電源を差し込んで5分間暖めます。
このワッフルメーカーはスイッチがついておらず、電源コードを差し込むとONです。
ONにすると赤いランプが点灯。5分弱で緑のランプがつきます。
  
(2) 油分をひきます。
ブログとか読むと、なくても大丈夫そうなんだけど、念のため・・・ほんのちょっとサラダオイルとかバターとかをひきました。ほんとにちょっとでOKだったです。

(3) 餅をのせ、ふたを閉めます。
↓切り餅だとこんな感じ。

最初はふたが閉まらないのですが、ぎゅーっと押してるうちに次第にしまってきて、取っ手のストッパーがかけられるようになります。

(4) 5分ほど待ちます。
5分半くらいかなー。開けて様子を見ても大丈夫です。

(5) できあがり。
熱いので、フォークとか菜箸で気をつけて取り出します。
隣とくっついてる場合もあるので気をつけて・・・




一番最初に焼いた時には、上の状態で砂糖醤油で食べてみたのですが、ばっちりグーでした。外側はぱりぱりでさっくりなのですが、ちゃんとお餅のもち~っとしたとこも残っていて。

黒蜜をかけてみました。

やはりお餅なので、スタンダードにあんこを・・・


あと、メープルシロップもかけてみたのですが、非常にこれがイイ!
写真撮った感じが黒蜜と全然変わらなかったので省略しましたが、甘いものは和洋関係なくなんでも合うと思います。

で、上のは切り餅を使ったバージョンでしたが、薄いしゃぶしゃぶ餅を使うと、中に具を挟んだバージョンを作ることができます。
(3)のところで左右に1個ずつ餅が乗ってるところに、各2枚しゃぶしゃぶ餅をひいて、具をはさんで、さらに上に2枚餅をのせて、そして焼くと・・・
これだと時間は若干短縮されるようです。

チーズとハムとピザソースをはさんでみました。


見ると分かりますが、なるべくはみ出さないようにしてセッティングしても、溶けるもの液状のものは絶対にはみ出ますので、それはまぁ覚悟の上で。

甘いものはなんでも合うのですが、こういう「おかずモッフル」にする場合は微妙にコツがあるような気がします。それは・・・
「味の濃いものをはさむこと」ですかね。
このピザモッフルは「味が足りない・・・」ということで、後から上にピザソースをかけてちょうどよかったりしたのです。何しろ、パンと違って餅はそれ自体に味がついてないので・・・
モッフルメーカーのレシピ紹介で、明太子サンドとかがあったのはやっぱり理由があってのことかと納得しました。

アツアツを食べるのが一番!ですが・・・
欠点は、一度に2枚までしか焼けなくて、次を焼く5分間の待ち時間のために、朝は結構あわただしくなるあたりでしょうか。冷めたのをあっためなおすとどうなるのかなーなど、これから色々実験してみようと思います。
紅魯坊@二宮
二宮は、東海道線沿線で「一番最後に雪が降るところ」だと思うのです。
小田原が降っても、大磯が降っても、なぜか二宮だけは降らないことが。
一番あったかいんですかね?そうかなぁ・・・

そんな二宮でも雪が降ったこの週末、寒くて外に出たくなかったんだけど、ゴタゴタしてそれどころじゃねぇぇぇぇ、という状況だったので、外食して気分を変えることに。

この「紅魯坊」は、ついこの間できたような気がしてたのですが、かれこれ10年以上やっていることになるので、そろそろ古顔になってきたかな?
このお店ができた頃は「えっ、あそこあばら家じゃ?」と言われて気づいてもらえないような感じだったのですが、すっかり定着しました。
時々、「そろそろ行こうか」というローテーションに入っているお店です。



この鉄鍋棒餃子はこの店の看板メニュー。
表面パリっとしていてアツアツです。

オープンした頃は中国人シェフが厨房でわやわやしていたのが見えていたのですが、今はどうなったのかなぁ。
どうもここの店は基本はおいしいのだけど、メニューや味がころころ変わった時期があり、明らかに厨房の中が変動してるんだなーという感じだったのです。
でも最近はメニューも落ち着いてきたようだし、一応路線が一定してきたのかな?





上は休日ランチメニューの酢豚。黒酢がきいています。
下は、1日10食限定のランチプレート「角煮らいす」です。ほろほろ~。
ここの店の味は、日本人向けにクセのある香辛料を完全に抑えることはせず、ほどよくきかせて本格的な味に近づけているところが特徴でしょうか。

秦野、大井、鴨宮に系列店があります。
 ★ 系列店情報

にほんブログ村 グルメブログ 神奈川食べ歩きへ


プロフィール

くまぷー

Author:くまぷー
西湘方面でのんびり暮らすくまのブログです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。