*All archives* |  *Admin*

<<01  2005/02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コロちゃんとスライスチーズ
ころちゃん
昨日、うちのほうでは珍しく雪がどさどさ降った。
私がここに引っ越してきて、ここまで降ったのはついぞなかったんじゃないかな、というくらいに降りまくった。
 
とはいっても、さすがに湘南のはしくれだけあって、今朝になったらさーっと溶けてしまって、今は日陰以外は跡形もない。
梅に雪、という写真を撮ろうかなと思っていたのだが、梅の花がうずもれるくらいの積もりっぷりだったので、シャッターチャンスは全然ゲットできず。
 
 
 
 
で、昨日はちょうどコロちゃんとのお散歩にあたっていたのだが、ラッキーなことに雪が降り始める前に終了していた。
コロちゃんが雪にどう反応するかも見てみたかったのだけど・・・・コロちゃんに風邪ひかせるといやだし。
 
写真は何をしているかというと・・・・
 
コロちゃんはスライスチーズが大好物、なのだ。
飼い主さんが「言うことを聞かないようだったら、食べ物で釣ってください」と、毎回散歩の時に預けていくのが、スライスチーズ。
しかし、私が相手だと・・・・スライスチーズと、お散歩もっと!と、両方欲しいの~!と大暴れになるのがオチだったりするんだけどね・・・・
 
今回、ちょっと手を傷めていて、エサをちらつかせながら写真を撮るのが難しかったので、コロちゃんには悪いが地べたにチーズを置いて、「待て!」を命じておいて、写真撮影をやってみたのだ。
そしたらもうコロちゃんはチーズから目が離れない。
 
ジーーーーーーー・・・っとチーズを見つめたまま、身動きひとつしない。
 
と、思ったら。
 
私がちょっと義母と話しをして気をとられた隙に、ちょっとずつちょっとずつ、チーズと顔の間合いを詰めていって、「ヨシ!」を出そうとした直前に、
パクッ!
 
おーまーえーーーー!!!
 
もうその早業たるや。赤星の盗塁もかくや、という有様。
ダメ犬であることに命かけてるな、こいつ!
スポンサーサイト
土曜日には羊を焼いて
ジンギスカン 
今日届くはずの、通販で買った楽しみにしてたブツが届かず、ちょっとへこんだ。
なので、テレビで「今、ジンギスカンブーム」という煽りに乗って、ジンギスカンの美味しい店に出かけてみることにした。
全然脈絡とかはないけど。
 
秦野のめんよう 木里館(もくりかん)」は、弘法山のふもとにあるお店。
弘法山はこれから桜の時期に歩くと非常に気持ちがいいとこなので、その帰りとかにぜひご利用下さい(って関係者じゃないんだから)。
でも、ほんとここのジンギスカンは美味しいと思う。
とはいっても・・・・ジンギスカンをそんなに語れるほど食べたことはないわけだが。
 
ここの店で毎回頼むのは、ジンギスカンセット1,260円。
ラムと野菜と茶碗蒸し、それにご飯と味噌汁と漬物のセット。この焼き野菜だが、青味で出てくるのが「三つ葉」なのだ。
もやしとかキャベツとかはあると思うのだが、三つ葉というのはよくあるものなのだろうか?
しんなりする程度に焼いてラムとあわせて食べると、三つ葉がさらに肉の臭みを消してくれてグーなのだな。
 
しかし、ここのところ情報番組とかで「今、ジンギスカンがブーム!」とか言ってるのは、本当なんだろうか。ブームを作りたくてヤケになってないか?
もしかしてあれか?遠まわしに義経ブームに持っていこうという策略か?
なんか、ジンギスカン鍋の売り上げが何十倍になったとかいってたけど。
 
相方が言うには、相方の会社では北海道と大阪に支社があるのだが、それぞれの支社の人が「一家に一台ジンギスカン鍋」「一家に一台たこ焼き器」とアツク主張してるのだそうだ。
大阪はわかるが、北海道でもそうなのか?
「動物のお医者さん」で、「お花見ジンギスカン」というのがデフォなのは知ってるが、マイジンギスカン鍋は・・・・ありか?あるのか?
 
羊の数だけジンギスカンには謎が・・・・・   ないか。
春一番は花粉を連れてくる

まだまだ冬まっさかりだぜーとか思ってたら、もう春になってきてるらしい。
あったかくなるのは嬉しいが、衣更えが面倒だなとか、温暖な地に生活する贅沢な発言をしてみたり。

雪国に住んでいる頃は、春への高揚感みたいなものが身をもって実感できたのだが、この辺に越してきてからは、だらだらと春がやってくる感じで。
気がつくと春になってる、みたいな。
もうちょっとメリハリがあってもいい・・・・でもないか。

でも、相方に言わせると
春なんて来なくていいよ!
・・・・らしい。

・・・花粉症だからね。(私は無事なのだー)

例年になくひどいらしくて、ドラッグストアでお大尽買いをやって、じたばたしている。
目薬、洗眼料、鼻づまりの薬、洗鼻料・・・・色々あるのね。
今年は特に、マスクの進化が著しく、なんだか3Dなのだ。
ユニチャームが出しているマスクなんて、名前が・・・・
超立体」!!(これ
なんてったって超ですよ、超。立体を超えちゃうんだから

それで、相方が実際にそのマスクをしてみたところ・・・・


           ↓
           ↓
           ↓
           ↓

CASSHERN

↑これになってしまうわけで。 なんか変。

で、なんかしきりに「めがねが曇る」とこぼしていた。マスクをすると曇るんだよねぇ、と。
なんで?それがほんとならちょっと構造的に欠陥があるんじゃないの?・・・・とずっと不思議に思っていた。そしたら昨日。

相「ねーねー、あのマスクね、解決したよ!曇らなくなったんだ!!」
私「え、ほんとー!!よかったね。で、何が原因だったの?」
相「それがね・・・・

     上下が逆だったんだ。

   なんとなく思いついてやってみたら、それから全然曇らなくなったんだよ。
   よかったぁ。」

・・・・・最初に気づけよ。
    

すかいぷ?
ここはライブドアのblogなので、「Skype」なるものがあるのは知っていた。
多分、メッセンジャーみたいなもんだろな、と思って手をつけないでいたのだが・・・・
 
生徒さんから「せんせー、すかいぷってナンデスカ?」と聞かれたら、・・・・
そら調べないわけにいかないしね。
そしたら、メッセンジャーみたいなの以外に、IP電話ができるやつだったんだな。
 
とりあえず、スタートキットみたいなのが出てたので、買ってきてみた。
(無料でダウンロードはされるけど、説明書とヘッドセットが欲しくて)
 
で、インストールしてみた。してみた・・・・けど。
 
・・・・・・・・・・・・・相手、いないし。
 
糸電話の一方だけ作ってみました、みたいな虚脱感。うーむ。
 
そう、これは糸電話。パソコンの回線を使った無料の糸電話なんだな。
本屋で説明の部分をざくっと立ち読みした時には、「格安で固定電話や携帯電話にも」って書いてあったのだけれど、実際に家でちゃんと読んでみたら、そこはプリペイドの形で先に通話権を購入しておかないといけないらしい。
んー、微妙。
 
多分、これを使って一番メリットがあるのは、実家の両親との電話だと思う。
あのひとたち(つーか、正確には父が)1時間はしゃべるし。
パソコンもあるし、ネットにもつながってるから、やってやれないことはない。
 
しかし、遠隔操作でインストールさせる手間と、何より・・・・
 
ダイヤルアップという環境から変えさせないと意味がないというこの状況。
 
あーもう考えるだけで、超のつくめんどくささ。
 
電話・・・・考えてみたらそんなに使ってないんだったよなぁ。
インストールするだけムダだったような気が。
いーんだ、生徒さんに説明できれば、それで。
粕鮭くんのお通りだい
df96a317.jpg
今日の昼間、新しい携帯をとりにお店に行って来た。
3台もかえるとなると、かなりおおごとになってしまって、あーだこーだと・・・
なんだか部屋が包装紙とケーブルだらけでまだ落ち着いていない。
 
そして、タイミングよくカスタムジャケットも到着して・・・・こんなおばかさんな携帯ができあがってしまったわけで。
 
えぇ、これを明日から首にさげて歩きますとも。
わたくし、カスタムジャケットの伝道師かつ広告塔となって!西へ東へ!(おい)
 
しかしだ。私は約5年くらい某社(ある意味伏せていない)に操を立てていたわけで。
それが寝返るというのは結構精神的に負い目というか、罪悪感がある。
ごめんねぼーちゃん、裏切って
 
だって・・・・ 洋物かぶれになってからのアナタは、変わってしまって別人のようだったんだもの。身売りなんてしなければよかったのに。
 
でも、正直、新しいほうが使いにく(自粛)・・・いや、きっと慣れだ!慣れないだけだ!!
 
いやーかわいいなカスタムジャケット!
(それだけなのかよ!
 
 
誕生日とグラミー賞
誕生日だったりするわけだが・・・・
 
特に何も変わったことはなく、おめでとうメールをもらったくらいで。
夕飯も自分で作った普通のご飯。
 
ケーキくらいは食べたかったけど、ダイエット中だし。
(低炭水化物ダイエットで、スタート時から5キロ減った!)
 
まーね、この年になったら、年をとるのが嬉しいことは全然ないし。
多分・・・・来年は・・・・ 私泣くと思います。
 
で、思ったより早く明日携帯が来るので、それが誕生日のプレゼントになるかと。
 
でも。
くるはずだったカスタムジャケットが、まだ来てなーい!!
遅いっつーの。
 
今日は、グラミー賞だった。
今年はレイ・チャールズイヤーとなった。ノラ・ジョーンズとの曲をはじめとして、いくつもの賞を獲得し、授賞式ライブでもレイの霊(おい)が乗り移ったかのようなジェイミー・フォックスとアリシア・キーズの「わが心のジョージア」が圧巻だった。
 
多分、レイ・チャールズは草葉の陰で・・・・
アリシアと共演するなら俺がやりたかった。もうちょっと生きてたかったなぁ
と思ってるかもしれない。
 
父の70の手習い
父のパソコン熱が再燃している。
 
2年位前に買って、やって、断念していたのだが・・・・またやっている。
何がどうしてそうなったのか、聞いてもムダなのであえて問わない。
今回について言えることは・・・・以前よりは多少、進歩が見えているということだろうか。
 
今までは「わからないところがわからないだったので、聞かれてもこっちも何を答えていいかわからなかった。
とりあえず基本の部分から一から教えるしかなく、それが向こうにとってはニーズにあっていなかったらしい。
「そうじゃなくて、わからないところを教えてくれ、言われてもなんだかわからないから
って・・・・
 
どこがわからないかわからなけりゃ、どうしようもねーだろがっ!!
 
・・・・ちゅう段階を経て、あるときふっと「わからないところ」を具体的に言えた、ということがあった。それが解決したのでうれしかったらしい。
そこからはスムーズだった。「わからないところ」が自分でわかるようになったのだ。
こっちも具体的にアドバイスしやすい。
 
でも、だ。
彼が生徒として最悪なことには変わりない。
 
今日はこんな電話をかけてきた。
父「線を引きたいんだよ、どうやったらできる?」
私「何を使ってやってるの?」
父「なにをって・・・・字を打ってるんだよ」
私「うん、そうだよね、だから、ワードなのかな、エクセルなのかな」
父「そんなのわからんよ、とにかく、字を打っててだなぁ」
私「・・・ えっとね、ワープロやってる時かな、住所録作ってる時かな?」
父「あぁ、ワープロの時にはだな、字の下に線を引きたいんだよ。それで住所録では・・・」
私「(両方かよ!)まずは、下に線を引くほうから片付けていきませんかね」
父「そうするかな」
私「まずね、ドラッグって前に教えたよね」
父「あー聞いた。・・・・それでだなぁ、最近はずいぶんできるようになったんだぞー」
私「 ・・・・人の話を聞けと」
 
普段、仕事で教えてる生徒さん相手なら絶対に立たない腹が・・・・立ちまくりである。
生徒さんだって、金を出してるから、こんなにひどいやつぁいない。
父は、「子供に教えられてる」状態に無意識に耐えられないらしく、自分のできることとか自慢し始めたり、また別なことを聞き始めたりして、とにかく!ひとつのことを集中して教わってくれないのだ。
 
聞く気がないのではない。なんていうか、聞きたいけどしゃべりたいらしいのだ
今は自分が生徒だ、という気持ちにひたりたくないとしか思えん。
元教師の悲しいサガってやつか。
 
しょうがないので、市販のテキストを10倍くらい噛み砕いたテキストを作って、FAXで送った。あれでも多分、読むことに拒否感があってだめだろうなぁ。
教わる気持ちになって出直せ!・・・・なんて父に言ってみたい、激しく言ってみたい。
ご近所わんこ2

今日もまた、ご近所で見かけたわんこの写真を。スピわんこ

この子は、お店の前で飼い主さん待ちをしていたスピくん。

「遊ぶ?」と聞いたらおずおずと近寄ってきて、でもよそのひとに慣れていないようで、どうしたらいいかわからないような顔で固まっていた。

それでも撫でさせてくれたので、こっちも調子に乗って、写真撮らしてねー、と携帯を取り出したら、「なんか変なの出してきた!」という顔に。

アソビタイ、でもコワイ、アソビタイ、でもコワイ、と、近寄ったり遠ざかったりをくりかえして挙動不審。なので、この遠くを見るような目は、「ボク、どうすれば?」という困惑の表情なのだな。

最初コロちゃんに携帯を向けた時、かじらんばかりに興味を示してくれたのだが、携帯やカメラを構えている間は遊んでくれない、と理解してからは、撮影モードに入ると、露骨に横を向くようになってしまった。

小型犬だから怖がりなのだと思うが、携帯を構えてる私の前で前進と後退を繰り返す不思議なわんこに、相方はひっくりかえらんばかりに大笑いをしていた。

わんこの困ったような顔ってのはかわいいですな。

ペン型コンピュータ for kids

米リープフロッグ:子供向け「ペントップ・コンピューター」を発表 (infostand) - goo ニュース>

画像は↓こちら

http://www.engadget.com/entry/1234000803027137/


これを今朝のABCニュースで紹介しているのを見た。
いやー、技術の進歩ってスッゴイですねー、と思ったワケですが。

これがどうすごいかというと、紙に計算式を書いておいて、その数字の上をペンでつついていくと、
「1 + 2 = 3」って、読み上げて答えを教えてくれる、とか。

他には、紙にマス目を書いておいて、鍵盤だよって教えてやると、そのマス目をつつくと、ペンが音階を歌ってくれる、とか。

・・・・言葉で説明すると、スゴさが伝わらない・・・・

でも、あれは子供はソフト次第で夢中になるかも。
ペン型コンピュータは多分世界各国の企業がトライしてるのだと思うが、これは子供のおもちゃとして開発したのが特化かなぁ。
「モニタがないから、自分で考えるようになる」とか言ってましたが、計算式の答え、教えてる教えてる!!

・・・だいじょぶか??

欠点としては、普通の紙じゃ使えなくて、特殊な紙を必要とするので、ペン自体が安くても、長い目で見るとハイコストになりそうなところ、かな。

ただ・・・・オトナの思惑っちゅーものに、子供はそう簡単にはまってはくれないからなぁ。「教育的に役立つ」とかいう、ギラギラした思い入れをあっさり裏切って、もっとシンプルなもので遊びたいものだったりするから。

さて、このおもちゃは、日本に上陸するかな?秋以降ちょっと楽しみ。

パンナムのおじさん
デビッド・ジョーンズ氏=元パンナム特別顧問、大相撲トロフィー授与担当 (読売新聞) - goo ニュース

私は小さい頃三文安の環境で、NHKと時代劇に育てられた。
だから年寄り向けの番組はひととおりなぞっていたわけで、相撲も好きとか嫌いとかじゃなくて、当たり前に見ていた。

でも、大好きだったのは千秋楽の表彰式。
その中でも一番楽しみにしていたのは、この「ヒョーショー ジョー!」のおじさんだった。
日本人がどっとウケるのを承知で、「アーナーターハ!ホンバショニィ オイテ!」「パンナメリカンコクガイシャ」と、発音のいい英語と片言の日本語が混ざった、へんてこなデフォルメされた口上を述べるのがこのおじさんのお約束だった。

確か、お年で引退された後は後任の方が似たような読み口でやっていたが、イマイチで、そうこうしてるうちにパンナム自体がなくなってしまったのだったっけ。
この記事を見たら、トロフィーは42キロもあったのか!
尻餅をついてたのはおじさんだったか、それとも他の賞だったか、力士に助け起こされたりしていた記憶がある。

それにしても、89才かぁ・・・・私の生まれる前から30年間勤められて、もうおじさんがいなくなってから14年もたっていたわけで。

どのくらいかというと、貴乃花の新入幕がおじさんの引退の前年というような、一人の名力士が誕生して去って過去のものとなる程度の年月だ。

昭和は遠くなりにけり、だなぁ・・・・(年じゃのぅ)
携帯を買うつもりが

相方の会社が、社運をかけて新機種を投入したというので、それに協力すべく、とうとう携帯の会社を変えることになった。

 うちではファミリー契約になってるので、私、相方、義母と3台をいっぺんに変えることになり・・・相当な出費。

なのに相方は新機種を買いたいと言う。(フザケルナ!)
私はひとつ前の型にするというのに。・・・・というと節約のために殊勝な心がけに聞こえるが、実は、すでに古い機種で使えるカスタムジャケット(機種バレバレ)を買ってしまっていて、引っ込みがつかないという話だったりするので、相方に強いことがいえない。

 で、私と相方は機種が決まっているので、あとは義母の機種をどうするかなのだが、「会社の売り上げのため」という前提があるので、メーカーは決まっている。
なのに義母は「えー。ここの会社のかわいくない!」などと、真を突くような(おい)言ってはいけないことをケロっと言い放つ。

「私、なんでもいいのよ?」と言いつつ、「じゃぁこれは?」というと
「なんかねぇ」「カメラ要らないわ」「電話しないし」

・・・嘘をつくな嘘を!

私「カメラないと、庭の花を壁紙にできませんよ」
義「あ、じゃぁ要る」私「お義母さん請求書見ると、なんだかんだってけっこう電話かけてますよ」
義「そういえばそうね。電話かけるほうにして」

結局・・・・決まりませんでした。

それと、相方の希望の新機種は、予約でもう完売で、入荷の予定立たずだそうです。それはそれで、会社的には良かったんだけど・・・・ いつ買い換えられるのでしょうか。カスタムジャケットだけ先に届くよ~。

ご近所わんこ

黒柴わんこ このブログでは画像がどんな風にアップされるのかわからないので、チェックしがてら、ご近所のわんこの写真をアップ。

この子は最寄の駐在所の黒柴わんこ。ものすごくひとなつっこくて、声をかけて遊ぶと、顔中ペロペロしてくれる。

警察犬・・・・のはずなのに、全然番犬になってないなぁ。
この写真一枚撮るのにもなかなか落ち着いてくれなくて、「遊んでくれるの?遊んでくれるの?」と、もう大変。

義母の話によると、ご近所の別のおうちで飼われていたわんこだったのだが、飼いきれなくなって「どなたかもらってください」とポスターを貼ったけど貰い手がいなくて、駐在さんが引き取ったらしい。

あぁぁぁ、その時にポスターに気づいていれば!!

この子めちゃくちゃ愛嬌があっておとなしくて、かわいいのに・・・・ この黒柴くんに出会ってから、相方はもう黒柴欲しいの一点張りなのだ。
黒柴がほしいのか、この子が欲しいのか、実際どっちなんだろう。

blog分けしてみました

Murmurをblog化して4ヶ月。

 blogになってから、海外ドラマについて書くようになって、それで元々のMurmurが埋もれてしまった感じがあり・・・ 分けてみることにしました。

もう、カテゴリだけだとわけわかんないので。 Livedoorにしたのは深い考えはないんだけど、ただなんとなく、です。

 整理したつもりが、そのうち自分でもわけわかんなくなりそうな予感も。
ともあれ、こちらもよろしくお願いします。



プロフィール

くまぷー

Author:くまぷー
西湘方面でのんびり暮らすくまのブログです

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。